Foam #25

オランダの写真雑誌、Foamから石内都さんの「ひろしま」についての記事を執筆依頼を頂き、The Traces of Absent Bodiesというエッセイを寄稿しました。都内だと青山ブックセンターなど洋雑誌を取り扱っている限られた書店でしか手に取ることができないですが、ウェブサイト上で、図版、文章を閲覧することができます。この雑誌は、掲載作品によって印刷に使用する紙の種類を変えるという、贅沢な作りになっています。内容はオンラインで無償で公開しつつ、印刷媒体の「もの」としての魅力を支持する人には雑誌を購買してもらう、という意図なのでしょう。

誌面には、写真集「ひろしま」から抜粋された、原爆資料館に収蔵されている被爆者の方たちの遺品の一部である衣服を撮影した写真が掲載されていますが、写真集よりも版型が大きく、無光沢のざらざらとした手触りの紙が印刷に使われているので、雑誌を手にとって読んでいると、写真集とは異なる仕方で、布のテクスチャーが感じられます。

このエッセイを書いていた頃と前後して、産まれてくる子どものための服を縫ったり編んだりしていたこともあり、過去に失われてしまった人の身体と、まだ外界には存在しない人の、身体の存在と不在を、布や糸という「もの」に触れながら考えたりもしました。

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

津田塾大学での公開講座プレゼンテーション資料


10月28日に津田塾大学の公開講座でお話しをさせて頂きました。現在は、講座の時よりもお腹が大きく重くなってきているので、ノートブックパソコンを持って講演に出向くのもしんどいかもしれません。数日経過するだけで体の状態が変わってくるので、妊婦としての目線、感覚も変わっていきます。
妊婦、胎児、乳幼児を表象する写真について感じていることを当事者としてお話しする機会を頂けたのはありがたいことでした。

以下、当日お見せした資料の抜粋です。

On Pregnancy

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: lecture, memo | コメントをどうぞ

マレビトスクール写真講座の第一期が始まりました

マレビトスクール写真講座の第一期が始まりました。熱心な受講者の皆様をお迎えして開講できたことを、講師一同嬉しく思っています。twitter経由で講座のことを知り、申し込んで下さった方が多く、マレビトスクールのネットワークが徐々に広がっていることを実感しました。

初回では、講師の方から自己紹介や、個々の講義の趣旨説明をした後に、受講者の皆様の自己紹介、希望者による作品のプレゼンテーション、懇親パーティへと続いていきました。今回もpoetic plates のケータリングによる美味しいお料理を頂きながら、歓談しながら交流、というマレビトスクールならではの和やかなスタートとなりました。



講師それぞれに張り切っておりますので、ご期待下さい!

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: お知らせ/announcement | コメントをどうぞ

“10×10”プロジェクト特別講座 マイブックエディターでつくる写真集作成ワークショップ



以下の要項で開催されるワークショップの講師を務めさせて頂きます。興味のある方は是非ご参加下さい。

PHaT PHOTO編集部&写真教室ブログからの転載です。

————

【 開催概要 】

“10×10”プロジェクト特別講座
マイブックエディターでつくる写真集作成ワークショップ


◆日時◆
A日程:2010年11月6日(土)/B日程:2010年11月7日(日)
※両日ともに11:00〜17:00まで


◆会場◆
TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY (ラウンジ)

◆募集人数◆
A・B日程それぞれ10名限定(両日程合わせて20名)


◆対象◆
・みずからの作品をまとめてフォトブックにしてみたい!すべての写真ファン
・作品のセレクト〜並べ方といった写真の編集力をブラッシュアップしたい方
・写真集編集ソフト(マイブックエディター)の操作方法を身につけたい方


◆講師◆
小林美香さん(写真研究者) ⇒プロフィールはコチラ
講師には、本誌でもおなじみの写真研究者・小林美香さんが登場。これまで蓄積してきた膨大な写真集のデータや、実際の写真家とのコミュニケーションを通じて身につけられた“写真をセレクトし、並べる”編集視点のアドバイスをしていただく貴重な機会です!


※サポート役として、アスカネットおよびPHaT PHOTOのスタッフも参加します。

◆受講料◆
一般:6,000円(税込)


☆「PHaT PHOTO」写真教室生徒限定割引!!☆
特割:4,800円(税込)



【お申込方法】
※規定数に達し次第、以後はキャンセル待ちのご対応となりますのでご了承ください。


…下記フォーマットに必要事項をご記入いただき、 下記の予約専用アドレス宛てに
E-mailをお送りください。


☆ご予約専用アドレス:yoyaku@phatphoto.jp
【注】ケータイメールには対応しておりませんので、必ずPCメールにてお申込ください。


=以下のフォーマットをコピーしてご使用ください========

◇メール件名:(コピー&ペーストしてご使用ください)
マイブック作成ワークショップ参加希望


◇メール本文(空欄の必要事項をすべてご記入ください)
1.氏名:
2.年齢:
3.性別:
4.昼間ご連絡が可能な電話番号:
5.メールアドレス(PCメールのみ):
6.クラス名(「PP」写真教室生徒のみ):
7.ご希望の日程:A日程 B日程 ←どちらかお選びください
8.応募動機(こんな写真集をつくりたい!というご希望があれば):
9.その他(質問事項があればご記入ください):


=以上=========================

【応募に関する注意】

・ご予約メールを確認後、一両日中にお申込の詳細に関するメールをお送り致します。
・弊社で受講料のご入金を確認してお申込確定となります。
・受講料ご入金後のキャンセルによるご返金はできませんのであらかじめご了承ください。
・やむを得ない事情により、上記の内容が変更になる場合がございます。


…ということで、1日かけて1冊の作品集を作成し、ギャラリーで展示までできるお得なワークショップへ、みなさま奮ってご参加くださいませ〜!!

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: Uncategorized, お知らせ/announcement | 1件のコメント

PHOTO BOX 日本語版刊行

今年の2月から2ヶ月あまりにわたって飜訳に取り組んでいた、PHOTO BOXの日本語版が青幻舎から刊行されました。

過去の日記

>>青幻舎のPHOTO BOXのページ



日本語版も、原書と同じ装丁で、さまざまな写真がパズルのように組み合わさっています。19世紀の黎明期の写真から現代のファッションにいたるまで、多様なジャンルの写真を美しい印刷の図版として見ることができます。

写真家の名前がドメイン名として登録されているウェブサイトのURLを各写真家の略歴に添えてあるのは、日本語版の特典です。一枚の写真から興味が沸いた写真家にアクセスする一助となれば、と思い飜訳の過程で追加させて頂きました。

この本を手がかりにいろいろな写真に興味を持って頂けるのではないかと思います。是非一冊お手元において頂ければ幸いです。

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: Uncategorized, お知らせ/announcement | 2件のコメント

マレビトスクール 写真講座 第1期 受講者募集

マレビトスクール企画の写真講座のご案内です。各回講座の詳細な内容は追々情報を追加していく予定です。「展示」「編集」の方法論や、海外ののケーススタディ、写真販売についてまで、私を含む3人の講師が指南いたします。興味のある方は是非ご参加下さい。

——————-

マレビトスクールでは、写真を表現手段として制作活動に取り組み、発表を志す人、また写真に関連したアートマネージメントに関心を持つ人を対象として、全7回の連続写真講座を開催します。この講座では、撮影や作品制作を指導するのではなく、展示や編集、営業、販売というような、写真を見る人へとつなげていくための方法論を、受講者の方それぞれの活動に則して、一緒に考えながら習得することを目指します。

ギャラリー運営、研究活動、販売などの分野で独自のスタンスを保ちながら国内外で活動を続けてきた講師陣が講座を担当し、写真作品発表にかかわるプロセスを網羅するコースを提供します。講座以外にも、講師それぞれのノウハウを易化して、受講者の方の活動をサポートするサービスや、相互の交流やネットワークを築くためのお手伝いもいたします。

【概要・構成】

  • 開催場所 HAKKAビル ワークショップ・スペース 150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル4F
  • 定員 15名 (最小催行人数 5名)
開催日 全7回 (土曜日)
  1. 11月13日 オリエンテーション+懇談会パーティ
  2. 11月27日 「展示」と「編集」の方法論 担当:小林美香
  3. 12月4日 戸外授業「鈴木清写真展 百の階梯、千の来歴」を観る 担当:小林美香
  4. 12月11日 「米国の展覧会のケーススタディと英国の写真教育」 担当:小林美香&柿島貴志
  5. 12月25日 「写真作品販売の基礎知識」 担当:柿島貴志
  6. 1月8日 「写真を社会につなげるための営業術」担当:林和美
  7. 1月22日 修了プレゼンテーション+パーティ
  • 開催時間 それぞれ16:00-18:00 (12月4日の戸外授業を除く。)
  • 受講料 35,000円
  • 講座についてのお問い合わせ・申込・連絡先
    150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル4F
    NADAR/TOKYO tel: 03-5468-3618 10:00-19:00(展示最終日-16:00)/日祝日休廊
    メール tokyo@nadar.jp (担当 林和美)
    受講料のお支払い方法につきましては、お申込み後にこちらから連絡を差し上げます。
【各回の講座紹介】

11/13:オリエンテーション+懇談会パーティ

初回では、写真講座の概要と目的、講師陣の活動を紹介し、コース全体の流れの説明をいたします。受講者の方にも自己紹介をして頂き、講座に対するご要望、コースへのご質問なども受付けます。自己紹介に役立ちそうなものがあれば、お持ち下さい。オリエンテーションの後に、ワークショップ・スペース内で、懇談会パーティを催しますので、相互に交流を深めて頂きます。(poetic platesのケータリングで、軽食とお飲み物をご用意します。)

11/27:「展示」と「編集」の方法論 担当:小林美香

展示は、ものを空間の中に配置することによって見る人に語りかける場を作る、視覚的な編集作業です。したがって、写真を作品として発表する上で、見る人に何をどのように伝えたいのかということを十分に吟味し、さまざまなものの見方について考えるプロセスが、きわめて重要な意味を持つことになります。日常的に目にしているウィンドウ・ディスプレイから、美術館やギャラリーでの展示、インスタレーション・アートにいたるまで、展示という多様な営みを、さまざまな展示方法や、写真集やポートフォリオの編集方法の例を参照しながら、その背景にある考え方や歴史についてご紹介します。

12/04:「鈴木清写真展 百の階梯、千の来歴」を観る 担当:小林美香(戸外授業:講座受講者以外の一般参加も可)

鈴木清(1943−2000)は、自費出版で写真集を出版し、ユニークな展示空間を構成して作品を発表し続けた写真家です。海外の美術館で回顧展が開催されるなど、その偉業が近年注目を集めています。東京国立近代美術館で開催される「鈴木清写真展 百の階梯、千の来歴」は、その活動の全貌をたどり、作品世界について紹介する、日本の美術館としては初めての試みです。この戸外授業では、講師の小林が東京国立近代美術館の客員研究員として鈴木清展の準備に携わった立場から、展覧会をご案内し、見どころをご紹介します。

12/11:「米国の展覧会のケーススタディと英国の写真教育」 担当:小林美香&柿島貴志

関西での大学での教育活動、NPOでの活動、ニューヨークの国際写真センター(ICP)、サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)など、さまざまな現場を垣間見てきた立場から、写真の教育や展覧会にかかわる具体的な状況についてお話しします。(小林美香)

「とにかく量を撮れ」これは日本の写真教育の現場で、昔から言われ続けてきた事です。しかし、私が留学したイギリスの美術大学では、それとは正反対の制作方法、すなわち「とにかく調べて考えろ」を叩き込まれました。リサーチとコンセプトメイキングを重視するイギリス流制作アプローチを紹介する事で、皆さんの作品制作において、より幅と深みが出てくる事を目指します。(柿島貴志)

12/25:「写真作品販売の基礎知識」担当:柿島貴志

綺麗なプリントを作ることができても、それだけでは「販売」にはつながりません。写真作品を販売できる『商品』にするには、それなりの方法論と作法を体得することが必要なのです。この授業では、エディション管理、サインなど作品販売に必要な基本ルールから、価格設定の考え方、作品販売の実務、そしてステップアップエディションに代表される新しい作品販売の仕組まで、今までの作品販売経験を交えてお伝えします。今後自分で作品を販売する、もしくはギャラリーと契約する時にも役立つ、実践的な知識と考え方が身につきます。

01/08:「写真を社会につなげるための営業術」 担当:林和美

漫然と作品を作り続けるだけではなく、社会とつながっていくための、広い意味での営業術を身につけるためには、ギャラリーや出版社の成り立ちや仕組みを理解し、写真家としてだけでなく写真に携わる仕事を知ることが必要です。大阪と東京の二カ所で写真専門ギャラリーNadarの運営に10年以上たずさわるかたわらで、日本図書設計家協会唯一の写真家会員として「装幀写真家」というジャンルを切り拓いてきた経験をふまえ、ギャラリーでの発表の仕方から、出版社への売り込みまで、自分作品を売り込む方法をお教えします。受講者の方それぞれの自分の進みたい方向、そして作品についても再確認して頂きながら、自分に合った方法を見つけるためのアドバイスをします。

01/22:修了プレゼンテーション+パーティ

これまでの講座を踏まえた上で、受講者それぞれの方の活動、作品、抱負のプレゼンテーションをして頂きます。

【受講者特典】
  • 各回の講座で、詳しい資料をご提供します。
  • 要望に応じて、希望する講師による作品のレビュー、アドバイスを受けられます。
  • NADAR TOKYOにて写真展を開催される方は、展覧会のDM制作に際して発生する費用をサービスさせて頂きます。
  • photta-lotにて額装、コンサルティングをご依頼される場合、10%offの費用にて承ります。
【講師紹介】
  • 小林美香 (代表) http://www.mikakobayashi.com
    写真研究者 国内外の各種学校/機関で写真に関するレクチャー、ワークショップ、展覧会を企画、雑誌に寄稿、写真関係の書籍の翻訳にたずさわる。著作に『写真を「読む」』(青弓社 2005年)がある。2010年4月より東京国立近代美術館客員研究員。
  • 林和美 http://kazumi-h.net/
    装幀写真家。広告代理店、フォトエージェンシー勤務を経て、大阪と東京に写真専門ギャラリーNADARを開設。写真集に「ゆびさき」(青幻舎)、「装幀写真」(ナダール書林)、著書に「写真生活手帖」「写真生活手帖〜実践編」(ピエ・ブックス)、「女性のためのカメラレッスン」(大泉書店)がある。
  • 柿島貴志 http://www.photta-lot.com/
    イギリスの美術大学で写真を学び、フォトエージェンシー、インテリアアート企業などを経て、 photta-lot を設立。若手写真家の作品販売、写真展プロデュース、講演会やワークショップの企画運営、写真ビジネスコンサルティング、写真の額装など手がけている。

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: Uncategorized, お知らせ/announcement | 1件のコメント

「ポートフォリオレビュー for NEXT」@ガーディアン・ガーデン

ガーディアン・ガーデン20周年記念 300人のクリエイターと創る「あれから20年、これから20年」未来に届くアート展の関連企画のポートフォリオ・レビューにレビュアーとして参加させて頂くことになりました。

以下募集要項のpdfの文面の転載です。興味のある方は是非。

「ポートフォリオレビュー for NEXT」

ポートフォリオレビュー参加者募集中!! レビュアーに自分の作品をぶつけてください!
各界で活躍する方々をレビュアーにお迎えし、グラフィック部門と写真部門を分けて、ポートフォリオレビューを開催します。参加者以外もその様子を見学できるオープンな場です。参加する人もしない人もこの機会にぜひポートフォリオレビューを体験してみてください。新しいアクションに繋がるきっかけになるかもしれません。

<実施概要>
ポートフォリオレビューの参加者の人数は各回10 名程度です。事前に応募で募り、事務局で選考させていただきます。参加者は15 分程度で順番にレビュアーと一対一になりレビューを行います。

■開催日時
グラフィック:10 月26 日(火) 19:00~21:30
写    真:11 月5 日(金)、11 月9 日(火) 19:00~21:30

■レビュアー(敬称略)
グラフィック:10 月26 日(火) 網中いづる  居山浩二
写    真:11 月5 日(金)  百々新    姫野希美
11 月9 日(火)   小林美香   宮下マキ

■見学
ポートフォリオレビューの参加者以外も見学できるオープンな場です。予約は必要ありません。入退場も自由です。お好きなお時間にお越しください。
参加者大募集!

<応募内容>
テーマ、手法は自由。応募資格は年齢35 歳以下とします。

■応募締切
グラフィック:10 月18 日(月)20:00
写    真:10 月27 日(水)20:00
*ご応募いただいた中から、事務局で各回10 名程度の参加者を選考いたします

■提出内容
A. 作品画像10 点以上(10MB 程度)
B. 制作意図(300 字程度)
C. プロフィール
(名前、生年月日、これまでの活動、応募歴、受賞歴、展覧会歴など)
D. 写真部門の場合は参加希望日を記載してください(ただし、ご希望が通らない可能性もあります)
■応募方法

上記提出内容A~D を下記のメールアドレスにお送りください
gginfo@waku-2.com

■選考のお知らせ
応募締切後4 日以内にメールにてご連絡いたします。
お問い合わせ先
ガーディアン・ガーデン TEL 03-5568-8818

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: お知らせ/announcement | 1件のコメント

JeongMee Yoon: The Pink & Blue Project

津田塾大学の講座に向けたメモ 1

韓国の写真家、ユン・ジョンミ(JeongMee Yoon, b.1969-)による、2005年から続けられているThe Pink & Blue Project。

彼女自身の5歳の娘が、ピンクがあまりにも好きで、ピンク色の洋服しか身につけたがらず、玩具もピンク色のものにこだわっていた、という経験から、さまざまな子どもたちを、その子どもの部屋の中に並べた玩具や洋服とともに撮影し始めました。いわゆる、environmental portrait(人物をその身の回りの環境を含めて表すポートレート)と呼ばれるジャンルの作品です。
撮影されているのは出自の国である韓国と、アメリカ合衆国の子どもたち。国籍、人種、文化的な背景は違えども、女の子はピンクのものに、男の子はブルーのものに囲まれている(つまりは親が買い与えている)ことから、現在の子どもをとりまく消費社会が室内に展開された縮図として垣間見られます。

アーティストステートメントのなかに引用されているテキストで興味深いのは、女の子はピンク、男の子はブルーという性差と色の価値観が第二次世界大戦後になって成立したものであるということ。1914年にアメリカの新聞では、「男の子にはピンクを、女の子にはブルーを使うように」と勧める文章が掲載されていたそうです。

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: memo | 1件のコメント

津田塾大学公開講座のお知らせ(10月28日)

LIFERSなどのドキュメンタリー映画の監督であり、津田塾大学で教鞭を執っておられる坂上香さんからお声がけいただき、津田塾大学で開催される公開講座を担当させて頂くことになりました。

「総合2010」 知の冒険〜新たな可能性を求めて

本学では、「総合講 座」を一般市民の方に公開いたします。この講座は本学学生のための正規授業ですが、市民の方々との交流を願って一般に公開 しているものです。年度ごとに現代の切実な問題を取り上げて、学生と教員が協力して運営にあたります。下記の要領にて聴講ができますので、奮ってご参加く ださい

以下、津田塾大学 公開プログラム 公開講座「総合」後期講演者一覧より

今年度は、<知の冒険〜新たな可能性を求めて〜>をテーマにします。
いま、古い政治・経済制度や人間関係が音を立てて崩れ落ちようとしています。また、金融・経済危機、地球温暖化、うつ病の蔓延、格差社会など、巨大な問題 が私たちの前に立ちはだかっています。こうした危機的状況は、世の中が変化する徴です。その中から新しいものが生まれようとしているのです。
新しいものを産み出そうとすると、現状を打破していく勇気と未来を展望・創出する力が必要です。今年度の「総合2010」では、さまざまなジャンルで新し いものを産み出そうと挑戦されている講師をお呼びします。その中で、私たちが未来を切り開いていく希望と勇気が得られることを期待しています。

講演者:小林 美香 氏(東京国立近代美術館客員研究員/マレビトスクール代表)
タイトル:写真を「読む」視点 〜経験が作り、変える見方、読み方〜

  • 日時 10月28日(木)13:00-14:30
  • 場所 津田塾大学 小平キャンパス 新館特別教室 アクセスはこちら
  • 受講資格 年齢・性別等制限はありません。
  • 費用 無料
  • 手続方法 本学正門守衛所にて、住所・氏名等をご記入ください。 (満席の場合には、入場をお断りすることがあります。)
※キャンパス内に保育所があり、聴講の方も有料で一時利用することができます。詳細は本学総務課(電話042-342-5111)までお問い合わせください。
  • 公開講座についてのお問い合わせ先
    〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1 津田塾大学 教務課
    TEL.042-342-5130
    FAX.042-342-5131
公開講座では、これまでの写真に関わる研究活動や、美術館での仕事のことなどのほかに、5年前に刊行した拙著の『写真を「読む」視点』で取り上げた「子ども」や「ジェンダー」というテーマを、妊娠している現在の視点から捉え直してお話ししたいと考えています。

妊娠してから、日常生活で目にするさまざまな雑誌や、広告ポスター、産婦人科の検診の待ち時間に眺める妊婦向けの雑誌の広告に登場する赤ん坊の写真、とくに白人、金髪碧眼の赤ん坊の写真の多さが以前にも増して気にかかるようになりました。たとえば、「CREA」11月号の表紙や『AERA with BABY』などが典型例です。



乳幼児向けの製品以外にも、「赤ちゃんのような」唇、肌を喧伝する化粧品の広告も多いですね。





妊娠から出産へといたる過程は、古来から基本的にあまり変わらないものであるはずですが、私自身や夫が生まれ育った3,40年前とは比較にならないほど、妊娠や出産、育児に関して膨大な情報が流通しています。消費社会の中で、ファッション写真やウェディング産業のモデルの白人女性と同様に、華やかなファンタジーの生き物のように、白人の赤ん坊が表象されているありように違和感を抱かずにはいられません。。

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: Uncategorized, お知らせ/announcement | 1件のコメント

鈴木清展関連イベント/「流れの歌」復刻版刊行

鈴木清写真展「百の階梯、千の来歴」、復刻版「流れの歌」に併せて以下のイベントが開催されます。興味のある方は是非ご参加ください。

対談
倉石信乃(批評家・明治大学准教授)×金村修(写真家)
日程: 2010年11月19日(金)
時間: 18:00-19:30
場所: 東京国立近代美術館 講堂(地下1F)
聴講無料 申込不要(先着150名)

ギャラリートーク
増田玲(「百の階梯、千の来歴」展企画者/東京国立近代美術館主任研究員)
日程: 2010年10月31日(日) 、12月11日(土)
時間: 15:00-16:00
場所: 東京国立近代美術館 ギャラリー4(2F)
いずれも参加無料(要観覧券)、申込不要
上記(対談、ギャラリートーク)の詳細は東京国立近代美術館まで

復刻版「流れの歌」(白水社)刊行記念トークトークイベント
飯沢耕太郎(写真評論家)×鈴木一誌(グラフィックデザイナー)
「いまなぜ、鈴木清か?」
日程:2010年10月31日(日)
時間:18:00-20:00(開場17:30-
場所:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
定員:120名
入場料:税込500円
詳細は青山ブックセンター本店まで



Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: お知らせ/announcement | 1件のコメント