絵本と写真史のお話会開催・写真ギャラリーSolaris 5月3日(日・祝)

「写真史と絵本のお話会」を大阪の写真ギャラリーSolarisにて開催いたします。

http://solaris-g.com/mika_kobayashi_ws150503/

以下サイトより抜粋

木を見る」をテーマとして、木を描き出している絵本、そして、木の写っている写真を通して、「絵本と写真の見方、味わい方」について考えていきます。


実際に絵本を手に取って見て頂きながら、本の特徴や構成、そして木を通して語られている物語を読み解いてゆきます。

また、「木」の写った写真史上の名作や、現代の写真家たちの作品を通して、それぞれの作品の成り立ちや背景を探り、その見方についてお話ししていきます。

今回はレクチャーだけではなく、参加者の方にも、ご自身が身の周りで見て撮った木の写真を撮ってきて頂き、レクチャーの終わりにみんなで見せ合うワークショップを行う予定です。

<概要>

講師:小林美香
日程:2015年5月3日(日・祝)  13時〜15時終了予定
会場:Solaris
料金:¥2,000-
定員・締切:10名・ 先着順(定員になり次第締切らせていただきます)

お申し込み、お問い合わせは以下のサイトからお願いいたします。
http://solaris-g.com/mika_kobayashi_ws150503/

https://igcdn-photos-c-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xaf1/t51.2885-15/10914687_1533797873559962_1156271453_n.jpg https://igcdn-photos-c-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xpa1/t51.2885-15/10809469_809511282459490_1819231530_n.jpg
ギャラリーときの忘れもののブログ連載「母さん目線の写真史 19回 木を見る」で書きましたが、今年に入ってから、 時々スマートフォンで木の写真を撮ってInstagramにアップしています(「#木を見る」というハッシュタグで検索すると、私が撮影した写真が出てきます)。
街路樹や公園の植え込みなど、身近なところにある木を写真に撮ると意外な発見があったりします。
上の左の写真は冬に近所の緑道の木を撮ったものです。あたかも雲が木の枝に引っかかっているように見える様子が面白いと思いました。左は桜が満開を迎えた4月に撮影。並べてみると、光の射し方や空の色、周囲の下草の変化などからも季節の移ろいを感じます。

 

 

Share and Enjoy:
  • TwitThis
  • Print this article!
  • Digg
  • RSS
  • Google Bookmarks
  • Facebook
  • Yahoo! Bookmarks
  • del.icio.us
カテゴリー: Uncategorized   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>